女性ホルモンが少ない場合の不妊治療

不妊治療と女性ホルモンが少ない状態に対して、
通常どんな治療を行うのでしょうか?

実際、女性ホルモンが少ない状態では、妊娠しにくいと言われており、
不妊治療しなくてはいけない時も多々あります。

〇不妊治療と女性ホルモンが少ない状態

不妊治療と女性ホルモンが少ない状態には、
どんな関係があるのでしょうか?

最近では、女性ホルモンが少ないという状態で、不妊になっている、
という方が増えています、不妊治療には、排卵誘発剤を使用します。

1.エストロゲン剤
卵巣から分泌される女性ホルモンの卵胞ホルモンです。
黄体機能不全の治療などに使用されています。

不妊治療をする時にも、女性ホルモンが少ない時には、
排卵誘発剤として使われます。

2.プロゲステロン剤
卵巣から分泌されている女性ホルモンであり、黄体ホルモンです。
通常は合成された黄体ホルモン剤をゲスターゲンと言われており、
黄体機能不全といった不妊治療として使用されています。

女性ホルモンが少ない時に不妊の悩みもある際は、
不妊治療をしなくてはならず、少ない女性ホルモンを卵巣誘発剤として
使用します。

3.クロミッド
科学的に合成されたホルモン系ではない内服薬です。
排卵誘発や黄体機能不全の改善に効果的です。

排卵を起こす誘発剤としてもよく使用されますが、その反対に、
長期にわたって服用してしまうと、子宮内膜を薄くしてしまったり、
頸管粘液の状態が悪くなってしまうこともあります。

生理開始の5日目から服用を始めて、3~5日間の服用で
様子を見るというのが通常の使用方法です。

不妊治療において、女性ホルモンが少ない時に排卵誘発剤として
使用されています。

4.セキソビト
クロミッドと同様で、科学的に合成されたホルモン系以外の
内服液であり、頸管粘液の分泌を促進したり、子宮内膜を厚くする
といった効果を持っています。

でも、排卵誘発の効果については割と弱いですので、
不妊治療の初期治療で使われることが多いです。

不妊治療は、女性ホルモンが少ない状態で、妊娠出来ない時にする
治療のことですが、排卵誘発剤は排卵を起こすための薬です。

排卵障害のみならず、人工授精や体外受精などによって
たくさんの卵胞を成熟させるためにも使われています。

最近、女性ホルモンが少ない状態の方に不妊治療をする時に、
プロゲステロンクリームなども広く使用されるようになりました。

女性ホルモンが少ない状態で、不妊に悩んでいる方は、
不妊治療が必要になる時もありますが、とりあえず、
医師と相談しつつ出来ることから治療を始めるそうです。

More