女性ホルモンが少ない場合の不妊治療

不妊治療と女性ホルモンが少ない状態に対して、 通常どんな治療を行うのでしょうか? 実際、女性ホルモンが少ない状態では、妊娠しにくいと言われており、 不妊治療しなくてはいけない時も多々あります。 〇不妊治療と女性ホルモンが少ない状態 不妊治療と女性ホルモンが少ない状態には、 どんな関係があるのでしょうか? 最近では、女性ホルモンが少ないという状態で、不妊になっている、 という方が増えています、不妊治療には、排卵誘発剤を使用します。 1.エストロゲン剤 卵巣から分泌される女性ホルモンの卵胞ホルモンです。 黄体機能不全の治療などに使用されています。 不妊治療をする時にも、女性ホルモンが少ない時には、 排卵誘発剤として使われます。 2.プロゲステロン剤 卵巣から分泌されている女性ホルモンであり、黄体ホルモンです。 通常は合成された黄体ホルモン剤をゲスターゲンと言われており、 黄体機能不全といった不妊治療として使用されています。 女性ホルモンが少ない時に不妊の悩みもある際は、 不妊治療をしなくてはならず、少ない女性ホルモンを卵...
More